ウーマン

好きな地域を応援するふるさと納税の魅力|正しい納税法

お礼品や支払い方法

ふるさと納税は、簡単にいうとお世話になった自治体への「寄附」となります。節税ができ、さらにクレジットカードで支払いも可能という、いろいろなメリットを備えています。

お世話になった場所へ

田舎

ふるさと納税は日本国内で平成20年に導入された制度で、税収が減少した自治体の格差是正を行なうという目的のもと始められました。税収が減少した原因は、地方間格差や過疎などによる問題です。ふるさと納税の大きな特徴でありメリットとも言える点として、今現在住んでいる場所とは関係なく寄付する自治体を選択できるという特徴が挙げられます。一定期間単身赴任先として住んでいた場所や自分の両親が生まれ育った場所など、寄付先の指定や動機などは特に制限や条件がありません。この自由性がふるさと納税の良さでもあるのです。

ふるさと納税には、3つの大きなメリットがあります。1つめは、地域貢献が図れるという点です。寄付する自治体を自分で選ぶことができるので、こどもの頃生活していた場所や思い入れのある場所など、好きな自治体を指定して納税できます。そして2つめのメリットとして、寄付した先の自治体から特産品がもらえるという点が挙げられます。「お礼品」と称されることもあります。各自治体で寄付額の最低金額が設けられているのですが、その額を超えれば特典を受けられます。この特産品は、各自治体によって内容が異なります。野菜やフルーツであることもあれば、民芸品であることもあります。3つめのメリットは、節税が図れるという点です。条件に適っていれば、所得税と住民税から全額が控除となります。ただ控除を受けるためには、寄付の証明書を取っておく必要があります。また、確定申告を行なう必要性もあります。

お礼品で決めるのもアリ

ふるさと納税を行なう際は、お礼品の内容を見て寄付先を決めるというやり方もあります。各自治体、魅力的な御礼品を用意していますが、自分の好みに合ったものを選択するのも1つの方法です。ふるさと納税やふるさと割について紹介していきます。

税金の問題

サラリーマンは医療費控除などで節税をすることができますが、該当者だけなので事前に対象者かどうか確認しておく必要があります。日本よりもアメリカなどの外国の方が節税に対する意識が高いとされています。